ある日、友人(元知人)から「毎日深夜になると知らないお婆さんが私の部屋に勝手に上がってきてタンスを漁る」という奇妙な相談を受けた。