母が幼い頃、家族で丸テーブルで朝食を食べていたら 庭をでかい火の玉がバチバチ火花散らしながら通過していったらしい