ヌコ好きなのに近所のヌコ多発エリアで嫌われ続けて遠くから見つめるだけだった私。 ある日駅の駐輪場の前にエンジンのかかった車が、そして運転手が、そして車の下にヌコさんが。