父が20代初めの頃の話。 夜10時くらいに実家の近所の田んぼの横を歩いてたら、 田んぼの真ん中から火の玉?らしきものを飛んでいくのを見たらしい。