ワイ「行ける!このスピードなら絶対にいける!」