「信じて待ってたのに1人も来なかった」…30人の貸切予約があった小さな飲食店の悲しみ