庭で猫と一緒に日蝕見ながら 次の日蝕のとき、もうこの猫はいないんだと思ったら ものすごくものすごく切なくなってしまった。